阪神 主力級捕手のFA獲得には消極的

[ 2010年11月13日 06:00 ]

 今オフは西武・細川、楽天・藤井と他球団の主力級の捕手がFA申請の手続きを済ませているが、阪神の沼沢球団本部長は「開幕からの1カ月のためにFA補強をするのは現実的ではない」という見解を示している。

 チームを支えた矢野が今季限りで引退。狩野も11日に椎(つい)間板ヘルニアの手術を受けるなど捕手層に不安はあるが、真弓監督は「こういう時はみんなにチャンスが出てくると思う」として小宮山、岡崎にベテラン清水を加えた3人を競わせながらレベルアップをはかりたい考えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース