飯原160メートル場外弾!ファンの車直撃

[ 2010年11月13日 06:00 ]

ヤクルト・飯原の打球で割れた車のフロントガラス

 和製大砲として期待されるヤクルトの飯原が、愛媛県松山市の秋季キャンプのフリー打撃で推定飛距離160メートルの場外弾を放った。

 左翼後方の照明塔に当たって場外へ消えた打球に球場関係者は「当たらなければ160メートルくらいだった」と証言。飯原本人も「下半身主導を心掛けて飛ぶようになった」と練習の成果に手応えを語っていた。しかし、喜びもつかの間。打球は左翼裏駐車場に落ちて松山市在住の女性ファンの軽自動車に激突。フロントガラスを破壊していた。保険が適用されるとはいえ、飯原もまさかの事態に絶句。女性ファンには自らのグッズプレゼントを約束していた。
 とはいえ、それだけの打球を打てるのは大きな成長の証。来季は中軸として期待される飯原だけに伊勢総合コーチも「打線は飯原と畠山が頼り」とさらなる奮起を促していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年11月13日のニュース