巨人・小林 オープン戦“投げまくり”志願

[ 2010年1月19日 06:00 ]

 日米通算233セーブ右腕の巨人・小林が、2月27日から始まるオープン戦での“投げまくり”を志願した。

 川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行い、キャッチボールやランニングメニューで3時間の精力的な動きを披露。「ブルペンは(2月1日の)キャンプ初日まで入らない」とマイペースを宣言したが、実戦登板については「できるだけたくさん投げたい。人を相手にだいぶ投げてないからね。(首脳陣に)お願いするつもりです」と話した。
 インディアンス2年目だった昨季は、不振で5月16日にマイナー通告を受け、傘下の3Aコロンバスで7月12日に登板したのを最後に、半年以上も実戦登板を離れている。「連投も試したい」と希望しており、自己最多の7試合に登板したロッテ時代の06年を超えるオープン戦をこなし、新天地での開幕に備える。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月19日のニュース