菊池に対抗心 横浜ドラ4、真央ちゃんと“熱望”

[ 2010年1月19日 06:00 ]

自主トレで汗を流す横浜・真下は西武・菊池に対抗心を燃やした

 横浜のドラフト4位・真下(まっか=東海大望洋)がフィギュアスケートの浅田真央との対談を熱望した。理由は同い年の西武・菊池への対抗心からくるものだった。

 15日の「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式で菊池と男子ゴルフの石川遼が初対面。「自分、遼くんのファンなんですけど菊池に取られたんで…。あとは同世代だったら浅田真央さん。そのためにも菊池より早く1軍で投げて対談したい」と挑戦状を叩きつけた。
 対談を実現するためには1軍で活躍することが絶対条件。18日、横須賀のベイスターズ球場で行われている新人合同自主トレでは約4カ月ぶりにブルペンに入り、立ち投げで30球を投げ込んだ。最速145キロ左腕は「自分ではカーブが凄いと思う。今は菊池の方が知名度は上だけど、頑張って追い越したい」と力を込めていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月19日のニュース