登録名“雄星” 本人は「名前で野球やるわけでは…」

[ 2010年1月19日 16:19 ]

合同自主トレで守備練習する西武・雄星(17)

 西武は19日、ドラフト1位で入団したルーキー、菊池雄星投手(岩手・花巻東高)の登録名が「雄星」に決まったと発表した。雄星は「名前で野球をやるわけではないので、球団に任せていた。こだわりはない」と話した。

 登録名について球団は「菊池」や「菊池雄星」とすることも検討したが、前田康介球団本部長は「ファンからも呼びやすく、球界を代表するスターに育ってほしい、ということから決めた」と説明した。
 新人合同自主トレーニングはこの日から、第3クールが始まった。雄星はキャッチボールで変化球を試し、3度目となったブルペンでの投球ではすべて直球で31球投げるなど、精力的に体を動かした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月19日のニュース