アジア大会などのプロ選手派遣は結論出ず

[ 2010年1月19日 19:56 ]

 プロ野球の実行委員会が19日、東京都内で開かれ、全日本アマチュア野球連盟から要請されている11月のアジア大会(中国・広州)などへのプロ選手派遣について議論したが結論は出なかった。2月3日に4球団による小委員会で検討する。

 10月のインターコンチネンタルカップ(台湾)については、若手で日本代表を編成しての出場に前向きな意見が占めた。
 若手選手による12球団の選抜チームと、世界大学選手権を控える大学日本代表との交流試合は7月26日、東京ドームで開催することが決まった。
 また、試合のイニング間で投手交代をする場合のインターバルを昨季までは3分15秒以内としていたが今年のオープン戦から2分45秒以内に短縮し、スピードアップを図ることになった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年1月19日のニュース