PR:

高樹沙耶被告、起訴内容を否認「私が所持している物ではない」

 沖縄県・石垣島(石垣市)の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元女優の高樹沙耶(本名益戸育江)被告(53)は23日、那覇地裁(潮海二郎裁判長)の初公判で「私が所持している物ではない」と起訴内容を否認した。

 一方、共犯とされる会社役員森山繁成被告(58)は「全て私の大麻だ」と認めた。弁護側は所持量について争うとした。

 検察側は冒頭陳述で、2013年ごろに2人が同居を始める際、森山被告が大麻の持ち込みと吸引の許可を求め、高樹被告が応じたと指摘。「森山被告の大麻合法化運動に共感していた」とし、高樹被告も吸引していたとした。

 その後の被告人質問で高樹被告は「親知らずを抜いた後遺症の痛みを和らげるため、月に4〜5回使っていた」と供述。大麻は「森山被告の所有物なので、承認を得て使っていた」と主張した。

 高樹被告は紫のセーターに深緑色のズボン姿で出廷。冒頭に裁判長から名前を問われると、はっきりとした口調で本名を名乗り、職業は「宿泊施設を経営している」と述べた。

 起訴状によると、高樹被告は同居していた森山被告らと共謀。昨年10月25日、石垣市にある自宅で大麻約55グラムを所持したとしている。

 高樹被告は浜松市出身で女優として活動。昨年7月の参院選に新人として出馬し、医療用大麻の解禁などを訴えたが落選した。

[ 2017年1月23日 11:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ