PR:

ホリケンワールド炸裂!「堀内夜あけの会」常連組の出川「台本を見るのが怖い」

堀内健
Photo By 提供写真

 お笑いトリオ「ネプチューン」の堀内健(47)が脚本を書き下ろし、自らキャスティング、芝居化する「堀内夜あけの会」の舞台が今年もやってくる!「堀内健演劇講演会 未来のファンタジー」で、演劇の聖地である東京・下北沢の本多劇場で4月28日〜5月1日に上演。堀内は「下北沢で夢と希望と哀愁あふれる素敵な未来をお見せできるようがんばります!」と、ホリケンワールドを炸裂させるべく鼻息を荒くしている。

 「堀内夜あけの会」は、あのホリケンの頭の中に浮かんだ「ものがたり」を、できる限りそのイメージに忠実に芝居にして上演しようという斬新な試みで、今年で第4弾。

 出演者は4回目のタッグとなる出川哲朗(52)と伊藤修子(39)のほか、「乃木坂46」の能條愛未(22)が初登場。さらに、昨年夏の「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」で主役の勇者役を務め注目を浴びた松浦司(28)の出演も決定した。このほかにも“小劇場のくせ者”などが集結、唯一無二のホリケンワールド全開へ挑む。

 堀内は「出川さん、修子ちゃんとはチームワークがバッチリなので心配していません」と出川、伊藤とは4回目となる舞台に向けた安定感を強調。「新メンバーの能條さんも松浦君も期待大です」とした上で、「下北沢をファンタジアにします。終わった後も、もしかするとパラレルファンタジアにしてしまうかもしれませんが、それは見てからのお楽しみです。ぜひ、本多劇場にお越し下さい」と熱く訴えた。

 常連組の出川は「今回もホリケンワールドを存分に楽しみたいと思います!」とする一方、「台本を見るのが怖い!」とポロリ。伊藤は「どんなお話になるのか楽しみです。今はお芝居の公演中で出掛けることができませんが、時間ができたらいろいろとはいかいしたりして、堀内さんや出川さんにお話する世間話も用意しなければと思います。カレーを食べ歩いて公演に備えます」と話した。

 一方、新顔の能條は「ホリケンさんと舞台で共演と聞いた時はとても驚きました。緊張というよりは楽しみな気持ちのほうが大きいです」と期待感を表明。「まだまだ未熟者な私ですが、この舞台を通していろんなものを吸収して、ひと回りもふた回りも成長できたらと思います!共演者の皆さまの足を引っ張らないように頑張りますので、よろしくお願いします」と初々しいコメント。松浦も「堀内健さんの舞台に出演できるのが本当に夢のようです。幼きころからテレビで見ている大好きな皆さんと同じ舞台に立てるこの喜び!!!!!!不安もありますが、全てエネルギーに変えて全力でぶつけていきたいと思います」と力を込めた。

 本公演のファンクラブ先行販売は、1月24日正午から受け付けが開始される。詳細は以下まで。

【WE!プレミアム】https://wepremium.jp/

【乃木坂46Mobile】http://sp.nogizaka46.com/

[ 2017年1月23日 15:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月24日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル