サブカテゴリー

サッカー

 ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)がセリエAの得点ランクでトップに躍り出た。セリエA第7節の19日アウェー、ベローナ戦で移籍後初のマルチ弾を記録。2試合連続のゴールで今季得点を6に伸ばし、19日の時点でFWカルロス・テベス(30=ユベントス)、MFホセ・カジェホン(27=ナポリ)に並んだ。
記事全文

広告:

ニュース

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス

        Jリーグ

        日本代表

        ACL

        海外サッカー

        コラム

        動画

        スペシャルコンテンツ