サブカテゴリー

サッカー

 日本代表は27日、大分銀行ドームでチュニジア代表と親善試合を行い、2―0で快勝した。初陣となったバヒド・ハリルホジッチ監督(62)は新戦力を積極的に先発起用する大胆采配を披露。後半途中から投入したFW岡崎慎司(28=マインツ)が先制点、FW本田圭佑(28=ACミラン)が1ゴール1アシストと活躍するなど交代策も的中した。31日にはウズベキスタン代表と親善試合を行う。

記事全文

広告:

ニュース

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス

        Jリーグ

        日本代表

        ACL

        海外サッカー

        コラム

        動画

        スペシャルコンテンツ