×

本多 トップ譲らず優勝も「ベストまで、あと少しだったので悔しい」 男子400メートル個メ

[ 2022年1月23日 05:30 ]

競泳 北島康介杯 第2日 ( 2022年1月22日    東京辰巳国際水泳場 )

優勝しインタビューに応じる本多(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 東京五輪男子200メートルバタフライ銀メダルの本多が北島杯の400メートル個人メドレーで頂点に立った。

 第1泳法の得意のバタフライで飛び出し、一度もトップを譲らずにフィニッシュ。24年パリ五輪は200メートルバタフライに加え、この種目でも出場を目指す。

 自己ベストに0秒31届かず「ベストまで、あと少しだったので悔しい。背泳ぎと平泳ぎがまだまだ足りない」と課題を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月23日のニュース