×

【二所ノ関親方 真眼】御嶽海よ 照ノ富士の陣地で戦え

[ 2022年1月23日 05:30 ]

大相撲初場所14日目 ( 2022年1月22日    両国国技館 )

<大相撲初場所14日目>宝富士(左)を送り出す御嶽海(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 場所前の展望で御嶽海には「自分から、自分から」の姿勢を求めてきました。宝富士との大一番。私の声が聞こえたかのような内容で、大きな勝利を手にしました。

 これまで上位戦を戦った後の平幕相手には、気が抜けたような相撲で取りこぼすことがありました。そんなもろさをみじんも感じさせませんでした。立ち合いで右を固めつつ、左からのかち上げ。過去に見たことがない完璧な相撲です。大関昇進、優勝と明確な目標があるのも気持ちを前向きにさせている要因でしょう。昨年までとは違う意識の変化が成績に直結しています。

 照ノ富士は膝の状態が心配です。恐る恐る足を運んでいるように見えました。4人に優勝の可能性がある千秋楽。御嶽海は本割で決める、一番集中の気構えで臨んでほしいと思います。とにかく相手の陣地で戦うこと。立ち合いではじいて押し込むことができれば勝機十分です。条件的に厳しい横綱は、豊富な経験を生かしたいところ。最後にモノを言うのは、集中力でしょう。(元横綱・稀勢の里)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月23日のニュース