東京国際大がトップで本戦出場決定、創価大は14位で逃す 全日本大学駅伝選考会

[ 2021年6月19日 23:00 ]

第53回全日本大学駅伝関東地区推薦校選考会 ( 2021年6月19日    神奈川・相模原ギオンスタジアム )

 各校8人(1組2人ずつ)の1万メートル合計タイムで争われ、東京国際大が3時間56分39秒のトップ通過で本戦(11月7日、名古屋市―三重・伊勢市=8区間106・8キロ)への出場を決めた。

 上位7校に与えられる切符を懸けて20校が参加。2位以下は国学院大、法大、拓大、中大、中央学院大、日体大が出場を決めた。

 今年1月の箱根駅伝で総合2位と躍進した創価大は14位で、出場を逃した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月19日のニュース