ゴルフ五輪代表残り1枠 稲見、今年ワースト56位発進 古江は1W不調で37位

[ 2021年6月19日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ニチレイ・レディース第1日 ( 2021年6月18日    千葉県 袖ケ浦CC新袖C=6550ヤード、パー72 )

順番待ちの間に笑顔を見せる稲見萌寧(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ゴルフの東京五輪代表最後の1枠を争う稲見、古江はともに出遅れ。

 稲見は「全く狙ったところに出ていかないのがキツい」とショットに不安を抱えながらのラウンド。4番パー3では5Iの第1打をグリーン手前のバンカーに打ち込んでボギーを叩くなど今年ワーストの56位発進。

 稲見を追う古江は1Wが不調で37位。3番パー4では1Wの第1打を左の林に打ち込んでダブルボギー。「自分のゴルフに集中できれば」と2日目以降の巻き返しへ気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月19日のニュース