松山は通算3オーバーに後退「自分の思ったショット、パットが打てなかった」 全米オープン第2日

[ 2021年6月19日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第2日 ( 2021年6月18日    カリフォルニア州 トーリーパインズGC南C=7652ヤード、パー71 )

全米オープン第2日の松山(AP)
Photo By AP

 4月のマスターズを制し、メジャー2勝目を狙う松山英樹(29=LEXUS)は2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの76で回り通算3オーバーに後退した。

 ――大変な1日だった?
 「流れが悪かったと言えばそれまでだけど、なかなか自分が思ったショット、パットが打てずに過ぎていった。何とか持ち直せそうだなと思ったところでミスが続いたり。そういうのが続いたラウンドだった」

 ――出だし4ホールで6つ落としたが、その後は1アンダーだった
 「そう捉えると、ちょっと元気が出る。明日多分(プレー)できると思うので、8打か9打か差は分からないけど、昨日みたいにいいプレーできれば、まだチャンスはあると思うので頑張りたい」

 ――カットラインはどのくらいを想定していた
 「何も考えていなかった。最後の3ホールくらいで“そういえばカット気になるな”と。3(オーバー)で上がれば…と思っていた。最後2ホールで(バーディーが)取れればと思っていた」

 ――いいショット、パットもあった
 「ショットもパットも悪いながら、良くなるように考えてやっている中で、良くなりそうな雰囲気が9番ホールでありながら終わったので、ちょっと練習して明日いいプレーができるようにしたい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月19日のニュース