深堀圭一郎氏「松山はマスターズ制覇でさらにレベルアップ」硬いグリーンも苦にせず

[ 2021年6月19日 02:30 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第1日 ( 2021年6月17日    カリフォルニア州 トーリーパインズGC=7652ヤード、パー71 )

第1日を終えて首位と2打差の松山(AP)
Photo By AP

 【深堀圭一郎のメジャー深掘り】松山選手はマスターズの優勝で、ゴルフのレベルがさらに一段上がった感じがします。大会コースのトーリーパインズは、グリーンが小さくて硬いのが特徴です。ラフも全米オープン仕様で深い。縦の距離感と横のコントロールがしっかりできていないと、グリーンからこぼれてスコアを崩してしまいます。大会前に星野選手から「グリーンがパンパンに硬くて、とにかく難しい」と聞いていたので、松山選手がそれをどう克服するか、注目していました。でも全体2位のパーオン率(77.78%)が示すように、ショットがとても安定していて、ピンチらしいピンチはありませんでした。

 アイアンショットのクオリティーの高さは、厳しいコンディションになればなるほど力を発揮します。彼の良さはスイングを修正したり、クラブを替えたりするときでも、大胆にチェンジするのではなく自分のスタイルを貫きながら一歩一歩、階段を上るように進んでいくところです。彼はやみくもに流行に乗ったり、人がこうやっているから自分もやってみようという部分がほとんどありません。頑固な一方で、情報のアンテナを常に張っていて、その中から自分に合うものを選んで取り入れられる柔軟性もあります。初日のプレーを見た印象では、このコースはショットメーカーの彼に合っていそうです。(プロゴルファー)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月19日のニュース