松山は76と崩れて後退 全米オープン第2日

[ 2021年6月19日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第2日 ( 2021年6月18日    カリフォルニア州 トーリーパインズGC南C=7652ヤード、パー71 )

全米オープン第2日の松山(AP)
Photo By AP

 4月のマスターズを制し、メジャー2勝目を狙う松山英樹(29=LEXUS)は2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの76で回り通算3オーバーで第2ラウンドを終えた。ホールアウト時点で首位と8打差の暫定61位に後退した。

 出だしの10番で第2打をグリーン奥の深いラフに外し、アプローチをミスが続き5オン1パットのダブルボギー発進。11番をボギーとし、12番では4オン2パットでダブルボギー。13番パー5では3パットでボギー。4ホールで6つスコアを落とした。

 その後、14番と18番でバーディーを重ねて、通算2オーバーで折り返した。

 後半は2番で第2打をグリーン奥のラフに入れてボギーとした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月19日のニュース