第2Rは悪天候サスペンデッド 秋吉、前半好調も

[ 2021年6月19日 10:15 ]

第51回九州オープンゴルフ第2日   6807ヤード、パー70 優勝賞金500万円 ( 2021年6月18日    佐賀県多久市 佐賀クラシックゴルフ倶楽部 )

<九州オープン・第2日>雨の中、傘を差してショットの順番を待つ秋吉、このあと競技はサスペンデッドに
Photo By スポニチ

 第2ラウンドが行われたが、雨によるコースコンディション悪化で午後3時4分にサスペンデッドとなった。午前スタートの65人はホールアウトしたが、雨が強まった午後2時4分に中断。その後、順延が決まった。初日3アンダーで首位の小田孔明、稲田愛篤、2アンダー、3位の香妻陣一朗、1アンダー、6位の秋吉翔太ら上位陣を含め午後組61人が競技を終了できなかった。19日は午前7時から第2ラウンドを再開。その後、決勝の第3ラウンドを行う。

 ○…午後スタートのトップで出た秋吉は強い雨の中、前半インをイーブン、35で回り、アウト1番で中断となった。546ヤードのこのホールは通常パー5だが今大会はパー4で使用。だがこの日の雨で着地したボールにまったくランが出ず、ひときわ難易度が増した。「ナイスショットを2回続けてもピンまで130ヤード残った」。再開はこの第3打からとなり「明日はそこからしっかり乗せてパーでスタートしたい」。27ホールの長丁場となる第3日を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月19日のニュース