フィル・ミケルソンは“ブービー発進” 悪戦苦闘の9オーバー

[ 2020年9月18日 09:04 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第1日 ( 2020年9月17日    ニューヨーク州 ウイングドフットGC=7477ヤード、パー70 )

初日142位と出遅れたフィル・ミケルソン(AP)
Photo By AP

 メジャーで5勝を挙げながら全米オープンでは2位が6回と勝利から見放されているフィル・ミケルソン(50=米国)は初日、2バーディー、9ボギー、1ダブルボギーの9オーバー、79と苦闘。「ドライバーとパットがひどかった」と渋い表情でホールアウトした。

 もともと正規の出場権はなかったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で予選会が中止となったために出場が認められた今年の全米オープン。14年前にウイングドフットGCでの大会で2位となっていだけに、「今、自分がここに戻って来れて実に楽しい。もう50歳。これは競技人生のボーナスだ」と語っていたが、80で最下位となったアマのルーカス・ミシェル(26=オーストラリア)とは1打差の“ブービー発進”となった。なお日没で3人がホールアウトしていないために順位は暫定。残っている3選手は5オーバーが2人、6オーバーが1人となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月18日のニュース