残り100ヤードを極める!上からピンを狙えるクラブが新登場

[ 2020年9月18日 05:30 ]

プロのような弾道で上からピンを狙える(右から)PP、AA
Photo By 提供写真

 キャスコの人気シリーズ「UFO by パワートルネード」から新番手、残り100ヤードを極めるPPとAAが26日から追加発売される。

 昨年9月に発売されたUFOはヘッドから飛び出したユニバーサルウィングが深重心&重心角大を実現。球が高く上がることからミドル・ショートアイアンを使う場面で好評で、UTの枠を超えたクラブとして複数番手が選ばれている。プロのような弾道で上からピンを狙えるクラブに、営業戦略部の渡部洋士部門長も「5I、6Iに変わる一本です」と力を込める。

 今回、さらに下番手を望むユーザーの声に応え、PWやAWの距離を楽に狙えるロフト角42度のPPと、46度のAAが登場。インパクト時の接地面積が少ないため抜けが良く、芝に潜りにくいので様々なライやラフでもしっかりと振り抜ける。また、芝に刺さりにくい厚く丸みのあるリーディングエッジがザックリミスを軽減する。

 さらにアドレス時の座りが良いフラットヒールを採用したことで方向性が出しやすくなり、アイアン感覚で打ちやすい箱型フェースでトップのミスも軽減。「AAは残り30ヤードをパターのような感覚で打っていただいてもウェッジのように球が上がり、アプローチがやさしくなります」と自信を見せた。

 価格はメンズモデル(フレックスS、R)、レディスモデル(フレックスL)ともに1本税別3万5000円。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月18日のニュース