大坂なおみ 全仏オープン欠場「体を整える時間が足りないと判断」

[ 2020年9月18日 09:22 ]

大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 全米オープンで2年ぶりの優勝を果たした世界ランキング3位の大坂なおみ(22=日清食品)が18日、自身のツイッターを更新。全仏オープン(27日開幕、パリ)の出場を断念することを発表した。

 理由を「2つの大会の日程が近いため、体をクレイコート向けて整える時間が足りないと判断しました」と明かし、「とても残念ですが素晴らしい大会になるよう応援しています」と投稿。「近いうちに会えることを願っています!それまで元気でね」と記した。

 全米オープンでは、決勝で元世界1位のビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)に1―6、6―3、6―3で勝利し、2年ぶりの優勝。全仏については、英ブックメーカー・ユニベットの優勝オッズで、大坂はベルテンス(オランダ)と並ぶ10倍の2番人気で、18年優勝のハレプ(ルーマニア)の4・5倍に続く、優勝候補の一角に挙がっていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月18日のニュース