開幕戦で右内転筋負傷 松島幸太朗が2戦ぶり先発復帰 欧州王者へあと3勝

[ 2020年9月18日 20:43 ]

松島幸太朗
Photo By スポニチ

 ラグビーのフランス1部クレルモンは18日、19日(日本時間20日1時45分開始)の欧州チャンピオンズカップ準々決勝・ラシン92戦(クレルモンフェラン)の登録メンバーを発表し、6日のリーグ開幕戦で右内転筋を痛めたFB松島幸太朗(27)は、2戦ぶりの先発復帰が決まった。

 松島は6日のトゥールーズ戦に先発してフランスデビュー。得意のランやステップで得点機を演出したが、前半16分に負傷交代していた。その後、12日のリーグ第2節・バイヨンヌ戦は故障箇所の回復に努めるため欠場。チームによれば今週初めから全体練習に復帰し、先発復帰を目指していた。

 サッカーのチャンピオンズリーグに相当し、95年に前身のハイネケンカップが始まった欧州クラブ一を争う同大会への出場は、今回が初めて。当初は5月中に全日程を消化する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で準々決勝以降が延期となり、松島にも出場のチャンスが生まれた。クレルモンの過去最高成績は12~13年、14~15年、16~17年シーズンの準優勝。日本人初、そしてクラブの悲願を懸けて、まずは同じフランス1部リーグのライバルと雌雄を決する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月18日のニュース