新婚のフェンシング三宅諒「くそぉ~」1回戦で高2・飯村一輝に完敗

[ 2020年9月18日 11:46 ]

フェンシング全日本選手権第2日 ( 2020年9月18日    東京・駒沢体育館 )

<フェンシング全日本・男子フルーレ>初戦で敗退する三宅諒 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 男子フルーレが行われ、12年ロンドン五輪団体銀メダリストで8月1日に一般女性と結婚した三宅諒(29=フェンシングステージ)は、1回戦で飯村一輝(16=龍谷大平安高2年)に10―15で敗れた。

 三宅は終始、リードを許す苦しい展開。失点すると「くそぉ~」と声を出すシーンもあった。10点目を取った際には、相手の剣先が右目付近に当たって一時中断。再開後、4連続失点で全日本の舞台は終了した。

 三宅は4月末にフードデリバリーサービス「UberEats」で配達員のアルバイトを始め、注目を集めていた。結婚発表に際し、マネジメント会社を通じて「コロナウイルスによりオリンピックが延期され、自粛期間中はアスリートとして不安な日々を過ごしておりました。選手生活の終了も視野に入る中、妻の献身的な支えにより、新たな気持ちでオリンピックを目指すことができました。本当に感謝しております。これからは2人で力を合わせ、明るい家庭を築いていきたいと思っております」とコメントを寄せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月18日のニュース