西岡良仁 イタリア国際2回戦わずか55分で完敗…「球の飛びが良くなかった」

[ 2020年9月18日 05:30 ]

テニス イタリア国際第3日  ( 2020年9月16日    ローマ )

男子テニス・西岡(AP)
Photo By AP

 テニスのイタリア国際は16日、ローマで行われ男子シングルス2回戦で、世界ランキング50位の西岡良仁(24=ミキハウス)は同22位のグリゴル・ディミトロフ(29=ブルガリア)に1―6、0―6で敗れた。強烈なサービスとストロークに圧倒され、55分で完敗。序盤から4ゲームを連取され、第5ゲームで長いジュースの末に初めてサービスゲームをキープしたのが、唯一ものにしたゲームとなった。

 1回戦でツアー再開後の初勝利を挙げた勢いを持続できず「球の飛びが良くなくて、終始深くいかなかった」と首をひねった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月18日のニュース