羽生結弦、1回限りのロッテCMで全アスリートへエール 24日「MステSP」でオンエア

[ 2020年7月23日 16:00 ]

羽生が出演する24日放送のロッテ新CMの一幕(提供写真)
Photo By 提供写真

 フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)が「スポーツの日」の24日に1回限りの特別CMで全てのアスリートたちへエールを送る。株式会社ロッテが23日、24日午後6時30分から放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション3時間半SP」の中で1回限りの新CM「GUM FOR THE GAME」をオンエアすることを発表した。

 羽生が出演する同CMは、ガムを噛みながらスケートリンク横で気持ちを高めながら本番に向けて心を整える姿、また、誰もいないリンクで一人黙々と練習をする姿を通し、本番に向けて静かに準備を進める全アスリートへの応援メッセージが込められている。19年の撮影時には自身が納得するまで何度も4回転ジャンプに挑むなど、トップアスリートとしてのこだわりが細部に反映されている。

 ナレーションには注目を集める俳優の毎熊克哉(33)を抜てきし、豪華コラボが実現した。本来なら東京五輪が開幕するはずだった2020年7月24日。五輪2度の頂点を知るトップスケーター、羽生結弦の演技が、栄光を目指す全てのアスリートを鼓舞する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年7月23日のニュース