隆の勝「負けたくない相手」ライバル・輝に主導権譲らず寄り切り

[ 2020年3月15日 05:30 ]

大相撲春場所7日目 ( 2020年3月14日    エディオンアリーナ大阪 )

隆の勝(右)は寄り切りで輝を破る(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 隆の勝は輝を寄り切り1敗を守った。同学年で入門も同期の相手に立ち合いから突き放して主導権を握り、最後は右差しで勝負をつけた。「負けたくない相手で、力の入る相手でもあります」と幕内の対戦成績は3勝2敗と一歩リードした。

 得意は突き押しだが、右差しも磨く。「大関(弟弟子の貴景勝)との稽古のおかげで先場所より攻める形が良くなり、馬力もついたと思う」。手応えをつかんで星を伸ばしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月15日のニュース