千代大龍 1敗死守「2桁狙えるぐらい調子いい」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

大相撲春場所7日目 ( 2020年3月14日    エディオンアリーナ大阪 )

勢を叩き込みに破る千代大龍(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 唇が腫れても千代大龍の舌は滑らかだ。勢に頭から当たられた衝撃で唇が膨れ上がったが、1敗を守った31歳は「久々の2桁を狙えるぐらい調子いい。僕も昔は上位で取っていた。(終盤)5時50分ごろに取りたい」と色気を見せた。

 連日のように必殺のはたき込みが決まり「(無観客は)僕はプラスだけど協会はマイナス」と笑いを誘いつつ、「お客さんに支えられ愛されて大相撲がある」と無観客開催の寂しさも口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月15日のニュース