Bリーグ2日連続で中止、今度は千葉―宇都宮 審判が37・5度以上の発熱

[ 2020年3月15日 16:19 ]

バスケットボールBリーグ ( 2020年3月15日    船橋アリーナほか )

船橋アリーナでウオーミングアップをする栃木の選手
Photo By スポニチ

 東地区の千葉と宇都宮の試合が中止となった。開始予定の午後3時10分から1時間8分後、場内に「協議の元、本日の実施は中止となりました」というアナウンスが響いた。千葉はティップオフ直前のウオーミングアップは行っていなかった。

 Bリーグは公式サイトで「本日の検温により、試合担当審判員の1名が昨日および本日の会場入り前での検温では平熱だったものの、会場入り後の検温にて37・5度以上の発熱が認められ、厚生労働省より新型コロナウイルス感染症の疑い例として公表されている、37・5度が4日間続くことや、呼吸器症状を有するなどの症状には適合しないが、選手、スタッフへの健康、安全を考え、試合を適切に実施することはできないと判断した」と中止理由を説明した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月28日~3月11日の試合を延期した。前日(14日)に無観客で再開されたが、川崎―北海道(とどろきアリーナ)の14日の試合は北海道の3選手が体調不良を訴えたため中止になっていた。

 次節以降の試合に関しては、週明けに各クラブの実行委員、日本バスケットボール選手会と協議を行い、Bリーグが開催の是非を決定するとしているが、2日連続の試合中止で先行きは一気に不透明になった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月15日のニュース