ソフトボール 北京五輪金貢献の正捕手・峰が強化指定選手に

[ 2019年12月27日 05:30 ]

ソフトボール・峰幸代
Photo By スポニチ

 日本ソフトボール協会は26日、08年北京五輪の金メダル獲得に貢献した捕手の峰幸代(トヨタ自動車)を、強化指定選手に追加したと公式サイトで発表した。青木千春(太陽誘電)が外れた。来年3月下旬の臨時理事会で強化指定選手20人の中から東京五輪代表の15人を決める。

 峰は当時20歳だった北京五輪で、エース上野由岐子(ビックカメラ高崎)とバッテリーを組んだ。14年限りで一度は現役を引退し、16年に現役復帰を果たしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月27日のニュース