NZ指揮官 V3達成に意欲 芝の貼り替えに感謝

[ 2019年9月12日 13:01 ]

神奈川県庁に黒岩知事(右)を表敬訪問したニュージーランド代表のハンセン監督
Photo By スポニチ

 ラグビーW杯日本大会(20日開幕)で史上初の3連覇を狙うニュージーランド代表のスティーブ・ハンセン監督(60)が12日、南アフリカとの1次リーグ初戦(21日)の舞台となる横浜市を訪れた。まずは中華街に足を運び、山下町公園にある「日本ラグビー発祥の地」を訪問。その後はチームグローバルパートナーのAIGが提供し、訪日外国人が飲食店などの従業員に見せるだけで基本的なコミュニケーションが可能な「How NOT to Card」をPRするため各店舗を回った。

 さらにハンセン監督は、神奈川県庁に黒岩祐治知事を表敬訪問。南アフリカ戦が行われる日産スタジアムの芝をラグビー用に貼り替えるなど「完璧な準備状況と自負している」と話す黒岩知事に対し、「昨年も来た(ブレディスロー杯でオーストラリアと対戦)のでスタジアムは知っているが、変わったピッチに立てることが楽しみだ。貼り替えていただいて感謝している」と述べた。日産スタジアムは準決勝と決勝の会場でもあり、「トーナメントの後半、ここに帰ってきたい」と横浜でのV3達成への意欲を口にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月12日のニュース