幕内・逸ノ城が休場 4日目に右肩負傷

[ 2019年9月12日 09:40 ]

 大相撲の東前頭2枚目、逸ノ城(26)=本名アルタンホヤグ・イチンノロブ、モンゴル出身、湊部屋=が秋場所5日目の12日、休場した。4日目の横綱鶴竜戦で敗れた際に右肩を負傷していた。

 逸ノ城はここまで1勝3敗。休場は2場所ぶり3度目で、5日目の対戦相手、玉鷲は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は2日目から途中休場の横綱白鵬らを含めて5人となった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月12日のニュース