パラサポ・香取慎吾 バック宙失敗で右足骨折 13歳時の車いす経験が根底に

[ 2019年8月28日 13:00 ]

車いすラグビー・池透暢×香取慎吾 対談

車いす同士が衝突する衝撃を体感する香取慎吾(左)
Photo By スポニチ

 【編集後記】池主将による“実践レッスン”で始まった対談。コート上に落ちたボールの拾い方からタックルでの攻撃や守備まで丁寧に指導。「次はこういうふうに」「今度は車いすを3回勢いよくこいで」などの指示に、香取さんも次々と課題をクリア。これで緊張がほぐれた様子で対談は盛り上がり、終了後に互いのスマホで記念撮影するほど打ち解けていました。

 驚いたのが香取さんの鮮やかな車いす操作。「13歳の頃にバック宙の練習で足を骨折した時に乗っていたんです」とのこと。91年の初コンサートで松葉づえ姿でステージに上がった逸話は有名だが、その“前日譚(たん)”を聞いて納得。その時の経験がパラスポーツを全力で応援し続けている強い思いにつながっているのを感じました。(安田 健二)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月28日のニュース