ウッズが左膝手術 日本初開催出場には意欲

[ 2019年8月28日 08:36 ]

 男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米国)が27日、左膝の軽度な軟骨損傷を治療するため、先週に関節鏡視下手術を受けたと自身のツイッターで発表した。来季序盤は日本初開催となる米ツアーの新規大会、ZOZOチャンピオンシップ(10月24~27日・千葉県習志野CC)への出場を予定しており「日本に行き、プレーできることを楽しみにしている」と意欲を示した。

 既に歩き始めており、数週間で練習を再開したいと見通しをつづった。

 ウッズは4月のマスターズ・トーナメントで優勝し、11年ぶり通算15度目のメジャー制覇を達成。しかし、その後は腰の痛みなどを訴え、今季はこの1勝に終わった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月28日のニュース