車いすラグビー・池透暢「声援を力に変えるのは自分たち」 香取慎吾「世の中が変わる大きなチャンス」

[ 2019年8月28日 13:00 ]

車いすラグビー・池透暢×香取慎吾 対談

パス交換をする池(右)と香取慎吾
Photo By スポニチ

 東京パラリンピック開幕まで1年。最も注目を 浴びる競技の一つが昨夏の世界選手権で金メダルを獲得した「車いすラグビー」。唯一、車いす同士の意図的タックルが許されかつて「マーダーボール(殺人球技)」とも呼ばれた激しい競技だ。その中心選手の池透暢(いけ・ゆきのぶ)主将(39)と日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターを務める香取慎吾(42)との初対談が実現。物凄いタックルと池選手 の分厚く温かい人柄に触れ、パラリンピック全力 応援を改めて誓う慎吾ちゃんだった。 (取材・構成 スポーツ部・首藤 昌史、河 西 崇 文化社会部・安田健二)

 ◆W杯と国際大会

 ――香取さんはパラスポーツを応援するためにどんなことを心掛けていますか。

 香取 僕はまず自分が知ることから始めています。自分で面白いなとか興味が湧いたり、笑顔になったりしたものを一人でも多くの人に知ってほしい。僕を応援してくれる人たちの中には、障がいを抱えているお子さんを育てている人もいます。パラスポーツを知って「子供にはどの競技がいいか」「一緒に見たい」と言ってくれて凄くうれしい。

 池 頼もしい存在です。

 香取 パラスポーツに関しては「偶然」の要素が入り口になっていると思うんです。池選手も散歩中に中学の恩師と会ったのがきっかけでした。パラアスリートの方のお話を伺うと、「たまたま先生が」という話をよく耳にします。だから、これからは偶然道で誰かと会わなくても、車いすラグビーと子供たちが出合える。そんな状況になっていけば。

 池 そうなんですよね。

 香取 この競技は激しいから親御さんがストップをかけそうじゃないですか(笑い)。

 池 最初はそうかも(笑い)。きっかけがないと確かに出合えない。この前、バスケ観戦をした時に会場で車いすの男の子を見かけたんです。あまりにも目がキラキラしていたので声を掛けたんですよ。車いすラグビーの日本代表であることを明かして「関東のチームがあるから今度見に来てね」と誘ったんです。

 香取 相手はどんな反応を。

 池 何度か試合を見に来てくれて「僕ラグビー始めます。今度対戦したい」と言ってくれたんです。凄くうれしかった。

 ――今年の10月には日本で国際大会が開かれます。1年後への機運醸成につながります。

 池 ちょうど9月からラグビーW杯があるので、10月の同時開催でともに盛り上げようということでやっています。香取さんもぜひ。

 香取 僕もぜひ応援したいと思っています!

 ――いよいよ東京パラ大会まで1年です。開会式の雰囲気ってどうなんですか。

 香取 僕は平昌(ピョンチャン)パラの開会式を観戦しました。本当に夢の祭典でしたね。

 池 選手たちの「今から始まるぞ」という熱意や演出による盛り上げ。いろんな感情がスタジアムに詰まっていて、いよいよ始まるという雰囲気になる。

 香取 その入り乱れた思いを客席で感じ取るのも楽しかった。開会式が緊張のピークになっている人もいれば、緊張が緩んで「さあ始まるぜ!」という選手もいる。選手や観客の思いが会場で交差するんです。

 ◆最高の結果残す

 ――参加した立場からは開会式をどう感じていましたか。

 池 口があんぐり開きますね。各国で盛り上がり方が違う。いろんな視点で見ることができます。リオの時はブラジルなので、地球の反対側にいる日本でテレビを見ている人のことを考えていました。「みんな見ているかな。僕らに力を届けてほしい」っていう思いが強かったですね。

 ――いよいよ来年は東京にやってきます。世界王者として日本代表は追われる立場ですか。

 池 東京大会の前に「世界一を獲る」という目標をクリアしたからこそ味わえる気持ちなんでしょうね。世界一を獲ったから僕らはもっと成長させてもらえる。日本の皆さんの声援を力に変えるのは自分たち。プレッシャーに変えるようではまだまだ。どんな時でもコートでは集中を切らさないようにトレーニングしなければいけない。

 香取 「世界一」って凄いですよね。事故で亡くなったご友人も絶対うれしいですよ。

 池 そうですね。

 香取 友達の分まで、という思いで前を向くことはできても、世界一にまでなれる人はなかなかいません。

 池 事故に遭ってから19年かかりました。その間、いろんな壁やチャレンジ、失敗がありました。事故は不幸で苦しめられました。何度もやめたいと思いました。一方で、できていくことがたくさん増えて自信につながりました。こうした喜びがあるというのは本当に幸せだと思う。

 ――パラ大会後のレガシーについてはどう考えていますか。

 香取 もっとパラスポーツが当たり前にできる環境の整備は重要じゃないですか。

 池 確かに少ないんです。会場を使わせてもらえない場合もあります。

 香取 そうなんですか。

 池 例えば「このフロアは道具も全部あるから誰でも使っていいよ」という施設があれば、仕事帰りにパラスポーツをやりに行くこともできる。そうなれば、もはやパラスポーツという必要もない。最近愛好者が増えているボルダリング的な感じで「仕事帰りに一汗かこうぜ!」って感覚でやれたら楽しいかな。

 香取 2020年は本当に世の中が変わる大きなチャンスです

 池 そういうチェンジが自然に起こればいいと思います。香取さんも車いすで仕事に行けばいいんじゃないですか?(笑い)。

 香取 「おはよーございまーす」って(笑い)。でも、「大きなチャンス」って僕が言うと自分の目線がどこの人か分からないんだけど、選手の皆さんが会場に入った途端、「すげーお客さんの笑顔が輝いている。最高のパフォーマンスしないと」って盛り上がる大会になったら変われると思うんです。

 池 これは何もなく起こるものじゃなくて、影響力のあるメディアが取り上げてこそ、何百倍の人にも伝わっていくと思います。

 香取 東京パラが終わったら、こうした取材や報道量って一気に減っていくと思うんですね。だからこそ、そうした流れに負けないくらい僕はずっと応援していきたい。

 池 僕もメディアから無視されるんじゃないですか(笑い)。そうならないためには、まず東京パラで最高の結果を残さないと!

 ◆香取 慎吾(かとり・しんご)1977年(昭52)1月31日生まれ、神奈川県出身の42歳。88年にSMAPを結成し、91年にデビュー。その後「夜空ノムコウ」「世界に一つだけの花」などヒット曲を出し国民的グループとなった。00年には“慎吾ママ”名義の「慎吾ママのおはロック」がミリオン達成。04年にNHK大河ドラマ「新選組!」に主演。17年から「新しい地図」として活動。18年にパリで初の個展を開催した。血液型A。

 ◆池 透暢(いけ・ゆきのぶ)1980年(昭55)7月21日生まれ、高知市出身の39歳。19歳の時、交通事故に遭い、大やけどを負って左足を切断、左腕がまひする。03年から車いすバスケを始め、13年に車いすラグビーに転向し代表入り。15年から主将としてチームをけん引する。18年11月から19年3月まで米国リーグでプレーした。日興アセットマネジメント所属。持ち点は3・0。1メートル63、63キロ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月28日のニュース