白鵬、綱打ちに「引き締まる」 右上腕についても「巡業の稽古でも痛みはなかった」

[ 2019年8月28日 05:30 ]

真新しい綱を締めた白鵬
Photo By スポニチ

 横綱・白鵬は都内の宮城野部屋で綱打ちに臨み、新しい綱の締め心地を確認。「締めてみると引き締まる。いよいよ本場所なんだなと」と秋場所に向けて気合を込めた。春場所で負傷した右上腕は「巡業の稽古でも痛みはなかった」と回復している様子だ。

 平成で42度の優勝を飾ったが、元号が令和に変わってからは優勝がない。「秋場所は去年の好成績(全勝優勝)もあるから縁起がいい」と3場所ぶりの賜杯を見据えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月28日のニュース