貴景勝、実戦的な稽古再開へ「膝は全然痛くない」

[ 2019年8月28日 05:30 ]

すり足で下半身を強化する貴景勝
Photo By スポニチ

 大相撲の関脇・貴景勝(23=千賀ノ浦部屋)が27日、秋場所(9月8日初日、両国国技館)へ向け東京都台東区の千賀ノ浦部屋で朝稽古を行った。四股、すり足、ぶつかり稽古で汗を流し、「優勝を目指さないと10勝できない。毎日最後の相撲と思ってやるしかない。駄目なのは腐ること。腐ったら神様に見放される」と意気込みを示した。

 名古屋場所休場後は母校の埼玉栄高で右膝のリハビリとトレーニングに励んだ。この日の稽古後は力士会にも出席して「ずっと1人でやってきたから、雰囲気を感じられたのは大きい」と気持ちを高めた。28日にも実戦的な稽古を解禁する可能性もあり、「やる気満々。膝は全然悪くない」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月28日のニュース