男子走り高跳び 戸辺が2度目の世界選手権で記録更新意欲「2メートル40が目標」

[ 2019年7月2日 05:30 ]

新ユニホームをお披露目する(左から)鍋島、橋岡、サニブラウン、戸辺、北口、木村(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本陸連は1日、福岡市内で世界選手権(9月28日開幕、ドーハ)の日本代表選手発表会見を行い、男子6人、女子4人を正式に選出した。

 2度目の出場となる男子走り高跳び日本記録保持者の戸辺は「2メートル40が目標」と自身の日本記録更新を誓った。今季は世界室内ツアーで日本選手初の総合優勝を達成するなど海外でも結果を残してきた。今後はダイヤモンドリーグを転戦しながら世界選手権に向けて調整するといい「これまでも結果を残すために欧州で積極的に試合に出てきた。それを糧に本番でいつも通りやるだけ」と意気込んだ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月2日のニュース