錦織 ウィンブルドン序盤“省エネ”で切り抜ける

[ 2019年7月2日 05:30 ]

初戦に向け汗を流す錦織圭(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ウィンブルドン選手権2日目に登場する男子シングルス第8シードの錦織圭(29=日清食品)は、序盤を“省エネ”で切り抜ける。

 世界ランク113位のチアゴ・モンテイロ(ブラジル)と対戦する1回戦は2日の第12コート第1試合(日本時間午後7時)に決定。1日は練習コートで1時間調整し、練習後に同2位のナダル(スペイン)と談笑するシーンも。全仏オープンでは3、4回戦をフルセットで消耗したことから「攻撃的にプレーしないと」と一気に畳み掛ける構えだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月2日のニュース