Bリーグ3期目へ所信表明 大河チェアマン「NBAに次ぐリーグとしての地位確保」

[ 2019年7月2日 05:30 ]

Bリーグの大河チェアマン
Photo By スポニチ

 3期目を迎える男子バスケットボールBリーグの大河正明チェアマン(61)が都内で所信表明し、「ナショナルアリーナ構想」を打ち出した。高校野球の甲子園を例に挙げ「全ての人が憧れ、目指す場所としてバスケットボールの聖地をつくりたい。資金調達、事業運営、どこに良い土地があるかを研究し始めている」と語った。

 リーグ10年目の26年完成をメドに、都心で収容人数1万5000人規模を目指す。将来的に単年競技成績のみによる昇降格を廃止し、複数年の競技成績などで判断する方針も提示。「NBAに次ぐリーグとしての地位確保」「憧れの職業No・1、就職したい企業No・1」も掲げた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月2日のニュース