男子走り幅跳び・橋岡、世界選手権代表選出 サニブラウンと「早く肩を並べたい」

[ 2019年7月2日 05:30 ]

<陸上世界選手権選手一次発表会見>壇上で笑顔を見せる(左から)橋岡、サニブラウン、戸辺、北口(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本陸連は1日、福岡市内で世界選手権(9月28日開幕、ドーハ)の日本代表選手発表会見を行い、男子6人、女子4人を正式に選出した。

 男子走り幅跳びの橋岡は世界選手権へ「8メートル40」と目標を掲げた上で「僕らの世代で先に行っているハキームと早く肩を並べたい」と意気込んだ。負傷明けだった日本選手権は3連覇したが「走力、体力、技術、全体的にバラつきがあった」と振り返り、次戦7月のユニバーシアード大会(イタリア)へ「結果を残せれば世界選手権につながる。日本記録(8メートル25)を連発できるくらい修正できたら」と見据えた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月2日のニュース