サニブラウン、将来の夢はエージェント!「陸上で日米、日欧の懸け橋になれたら」

[ 2019年7月2日 05:30 ]

新ユニホームをお披露目する(前列左から)鍋島、北口、木村(後列同)橋岡、サニブラウン、戸辺(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 陸上の日本選手権で男子100メートルと200メートルの2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が、世界選手権(9~10月、ドーハ)で偉業に挑む。1日、同選手権2種目の日本代表に正式に選出された。

 サニブラウンはフロリダ大でスポーツマネジメントを学んでおり「(将来は)スポーツエージェントをやってみたい」と夢を語った。海外の試合に出場する際に海外エージェントと交渉しなければいけない煩雑さを感じているという。「もっと便利になればと思う。誰がじゃなく、自分がやれば良いと思った。陸上で日米、日欧の懸け橋になれたら」と引退後の見通しも語った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月2日のニュース