奈紗、イーグル締め33位 最終日ノーボギーに笑顔「凄く楽しくラウンドできた」

[ 2019年7月2日 05:30 ]

米女子ゴルフツアーアーカンソー選手権 ( 2019年6月30日    米アーカンソー州 ピナクルCC=6438ヤード、パー71 )

最終ラウンド、18番でイーグルパットを決め、キャディー(左)と喜ぶ畑岡奈紗
Photo By 共同

 46位で出た昨年の覇者、畑岡奈紗(20=森ビル)は1イーグル、3バーディーの66をマークして通算10アンダー、203の33位で終えた。野村敏京(26=Q CELLS)と上原彩子(35=モスバーガー)はともに通算4アンダーで67位。朴城炫(パクソンヒョン)(25=韓国)が通算18アンダーで今季ツアー2勝目、通算7勝目を挙げた。

 第2ラウンドのつまずきで大会連覇が絶望的となっていた畑岡は最終18番をイーグルで締め「凄く楽しくラウンドできた。セカンドラウンドはちょっと残念だったが、今日はボギーなしで回れたので良かった」と総括した。ショットは改善されたというが「パットがショートしたり、最後まで遅いグリーンに対応できなかった」と反省点は残した。4連戦となる4日開幕のソーンベリークリーク・クラシックに向け「優勝争いができるよう頑張りたい」と気合を入れた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月2日のニュース