76ersの新人シモンズが自己最多の31得点 ただし弱点も暴露

[ 2017年11月30日 15:43 ]

活躍はしたが弱点もみせた76ersのシモンズ(AP)
Photo By AP

 NBA76ersは29日、地元フィラデルフィア(ペンシルベニア州)でウィザーズを118―113(前半58―40)で退けて12勝8敗。ここ5戦で4勝目を挙げた。

 新人王の最有力候補、208センチのポイントガード、ベン・シモンズ(21歳)はともに自己最多となる31得点と18リバウンドをマーク。今季の出場全19試合で2ケタ得点を記録した。

 ただしシモンズはこの日、フリースローを29本放って14本を失敗。成功率が55・4%ときわめて低い大型司令塔の弱点をつくかのように、ウィザーズは第4Qに入って意図的に反則を犯す“ハック攻撃”を仕掛けてきた。

 なんとか逃げ切って勝ったものの、今後76ersと対戦するチームはシモンズをフリースロー・ラインに送り込む策を練ってくるはずで、昨年のドラフトで全体トップ指名を受けたルーキーにとっては大きな課題となりそうだ。

 大黒柱のガード、ジョン・ウォール(27歳)を膝の故障で欠くウィザーズは11勝10敗。ベンチから出たフォワードのケリー・ウーブレJR(21歳)が22得点を稼ぎ、残り39秒に3点差まで詰め寄ったがあと一歩及ばなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年11月30日のニュース