桃田、冷や汗の初戦突破!消極プレーを反省「今日は負け試合」

[ 2017年11月30日 05:30 ]

バドミントン全日本総合選手権第2日 ( 2017年11月29日    駒沢体育館 )

男子シングルスで2回戦進出を決めた桃田賢斗
Photo By 共同

 男子シングルス1回戦で、2年ぶり出場の桃田賢斗(23=NTT東日本)が猪熊心太朗(21=日大)に2―1(15―21、21―14、21―13)で逆転勝ちし、2回戦に進んだ。

 違法カジノ問題による無期限出場停止が5月に解除となってから、海外6大会中5度優勝を誇る男は「負けたくない気持ちから消極的になった」と第1ゲームを落とし、第2ゲームも途中まで4点リードを許した。「完全に開き直った」と最後は立て直したが、まさかの苦戦。「今日は負け試合だと思っている」と反省し、「支えてくれた方への恩返しのためにも優勝したい」と王座奪回を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月30日のニュース