NBA元ブルズのゴードンが強盗容疑で逮捕 マンションの管理人をナイフで脅して殴打

[ 2017年11月30日 11:13 ]

逮捕された元ブルズのゴードン(AP)
Photo By AP

 NBAでブルズなど4チームでプレーし、通算744試合で14・9得点をマークしたベン・ゴードン(34歳)が、ロサンゼルスでマンションの管理人をナイフで脅して金を奪ったとして逮捕された。

 自身が借りていたマンションの手付金を返すように求めたもので、管理人はその一部を返金。しかしゴードンはいったんその場を去ったあと、ナイフを手にして再び“現場”に戻って残りの手付金も払うように詰め寄り、顔面を殴ったと伝えられている。

 ゴードンは全米大学選手権で優勝したコネティカット大から2004年のドラフト全体3番目にブルズに指名されてNBA入り。得点力のあるガードとして期待され、同年にはオール・ルーキーチームに選出され、優秀なベンチ選手に贈られるシックスマン賞も受賞。2009年にピストンズ、2012年にボブキャッツ、2014年にマジックに移籍したが、2015年を最後にNBAではプレーしていなかった。

 前週にはニューヨークで偽造の免許証で運転して逮捕されており、最近は不祥事続き。なおゴードンは5万ドル(約560万円)を支払って保釈された。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月30日のニュース