奈紗、国内2勝の実績引っ提げ米に“再上陸”「自信持って戦う」

[ 2017年11月30日 05:30 ]

 米女子ゴルフツアーの来季出場権を争う最終予選会は29日、米フロリダ州デイトナビーチのLPGAインターナショナルの2コース(ともにパー72)で開幕した。今季米ツアー19戦を戦った畑岡奈紗(18=森ビル)は、国内2勝の実績を引っ提げ“再上陸”。

 渡米前には「去年とは状況も違うし、自信を持って戦いたい」と意気込みを語っていた。第1ラウンドはソフィア・ポポフ(ドイツ)、ニコル・サカモト(米国)と同組。日本からは他に横峯さくら(31=エプソン)、宮里美香(28=NTTぷらら)も出場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年11月30日のニュース