永瀬、12月GS東京から復帰へ リオ五輪銅、母校筑波大訪問

[ 2016年10月25日 17:41 ]

 リオデジャネイロ五輪柔道男子81キロ級銅メダルの永瀬貴規(旭化成)が25日、母校の茨城県つくば市の筑波大などを訪問し「金メダルの報告をしたい気持ちが一番だったが、僕にはまだまだ続きがある。4年後の東京五輪での優勝が最大の目標」と抱負を述べた。

 昨年の世界王者で23歳の永瀬には日本男子中量級のエースとして期待がかかる。五輪後の復帰戦にはグランドスラム東京大会(12月)を予定し「1週間前からまともな練習ができている。筋力もスタミナも落ちているので、また一からやり直す」と気合を入れた。

 パラリンピック柔道男子60キロ級銀メダルで筑波大理療科教員養成施設卒業生の広瀬誠(愛知県立名古屋盲学校教)も同席。「リオを最後に引退したが、今後は社会に貢献する活動をしたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月25日のニュース