1年織井初V“内弁慶”克服 関東高校ゴルフ選手権冬季大会予選

[ 2016年10月25日 05:30 ]

スポニチ主催平成28年度関東高校ゴルフ選手権冬季大会関信越予選 ( 2016年10月24日    新潟県新発田市 紫雲ゴルフ倶楽部 飯豊コース=6535ヤード、パー72 )

関東高校ゴルフ関信越予選を制した織井
Photo By スポニチ

 佐久長聖(長野)の織井昭汰(1年)が4バーディー、2ボギーの70で回り初優勝した。調子の悪かったスプーンに替えて、ドライバーを多用したことが奏功。すでにシード権を持つ選手らを差し置いてトップに立った。シード権を持つ8人を除く上位13人が、一の宮カントリー倶楽部(千葉県)で行われる関東冬季大会への出場権を獲得した。

 「パットも、ロングパットも、ショットもよく入ってくれた」と織井。これまでのベスト69まであと1打に迫る好スコアで、予選をトップ通過してみせた。「(長野)県内では安定したスコアを出せていたが、他県での大会ではプレッシャーがあってなかなかいいスコアが出なかった」というが、今大会で“内弁慶”も克服。織井は「次の関東大会は上位に入って、全国へ行きたい」と先を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月25日のニュース