リオ8位の瀬立 欧州勢と10秒超の差 4年でさらにレベル上昇か

[ 2016年10月25日 11:26 ]

カヌー女子カヤックシングル 瀬立モニカ 夏冬二刀流の夢

 瀬立が8位に終わったリオ五輪で金メダルを獲得したのは英国のチッピングトン(46)で、タイムは58秒760。瀬立とは10秒433もの大差がついた。銀メダルはドイツのムラー(32)で銅メダルはポーランドのクーバス(33)。4位にチリの選手が入っているが、その他はいずれも欧米の選手で、特に欧州勢が圧倒的に強い。

 パラリンピックのカヌーはリオから初めて採用されたこともあって他競技から転向してくる選手が多く、東京までの4年間でさらにレベルが上がる可能性が高い。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月25日のニュース