中国代表・易建聯、5季ぶり復帰ならず…開幕前日、レイカーズから解雇

[ 2016年10月25日 15:10 ]

レイカーズを解雇された易建聯(イ・チャンリャン=中央)(AP)
Photo By スポニチ

 NBAレイカーズは開幕前日となった24日、中国代表で5季ぶりのリーグ復帰を目指していたフォワードの易建聯(イ・チャンリャン=28)を解雇。17シーズン目を迎えたメッタ・ワールドピース(36)は最終15人枠に残した。

 ペリカンズは昨季73試合に出場して4・5得点を挙げていたフォワードのアロンゾ・ジー(29)をカットして、新加入のランス・スティーブンソン(26)を登録。サンズは昨季13年ドラフトの全体29番目指名選手で昨季8・9得点といい働きを見せていたガードのアーチー・グッドウィン(22)を解雇したが、ロースター入りした15人中、最年少で新人のドラガン・ベンダー(18)を含めて十代のプレーヤーが4人も名を連ねた。

 サンダーは2度の薬物規定違反を犯したフォワードのミッチ・マクギャーリー(24)を含む4選手を解雇。マクギャーリーは過去2シーズンで4・4得点をマークしていたが、すでに15試合の出場停止処分を科せられており、サンダー側はトラブルメーカーを結果的に“追放”することになった。

 <25日(日本時間26日)のカード>

キャバリアーズ対ニックス、ウォリアーズ対スパーズ(この2試合はWOWOWプライムで日本時間26日午前8時45分から生放送)、トレイルブレイザーズ対ジャズ

 <26日(同27日)のカード>

ヒート対マジック、マーベリクス対ペイサーズ(WOWOWライブで27日午前8時から生放送)、ネッツ対セルティクス、ピストンズ対ラプターズ、ホーネッツ対バックス、ティンバーウルブス対グリズリーズ、ナゲッツ対ペリカンズ、サンダー対76ers、キングス対サンズ、ロケッツ対レイカーズ

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月25日のニュース