×

永井優香SP2位発進「驚きしかない」佳菜子3位「気持ち込めた」

[ 2015年10月31日 09:45 ]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ第1日は30日、カナダのレスブリッジでショートプログラム(SP)が行われ、女子で16歳の永井優香(東京・駒場学園高)が63・35点で2位につけた。村上佳菜子(中京大)は59・79点で3位。

 ▼永井優香の話 (2位という結果には)驚きしかない。今までの練習を信じて思い切ってできた。気持ち次第で結果はついてくるんじゃないかという手応えがある。

 ▼村上佳菜子の話 すごく緊張したが、楽しく気持ちを込めて滑ることができた。ジャンプがちゃんと決まってくれば、点数が出るという自信になってすごく良かった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年10月31日のニュース